生活

【体験談】子宮筋腫の手術をアメリカで受けるまで

子宮筋腫の手術をアメリカで受けるまで、いろいろ悩みました。
ひとりひとり事情が違うと思うのですが、何かの参考になればと思い経過を記録しておきます。

ミケが手術を受けたのは2017年10月。年齢は47歳でした。

手術の様子や費用などの体験談を知りたい方は、こちらをご覧ください。

【体験談】アメリカで子宮筋腫の手術(子宮動脈塞栓術)をした話アメリカで子宮動脈塞栓術(UAE)の治療を受けて1年が経ちました。 手術を受けたのは2017年の10月です。 手術を決意するまで、い...

検査を受けるまで

筋腫があるのが見つかったのは2011年ころです。
日本で婦人科検診を受けた時に教えてもらいました。
お医者さんは、閉経がくれば小さくなるので、症状がなければ手術はいらないと言っていたので放置していました。
その後アメリカに来てから、便秘がちになり腹痛が続き、腰痛もひどくなってきました。
加入した健康保険を使うと安く婦人科の検診ができるとわかったので、婦人科全般の検査に行きました。

婦人科の検査を受ける

保険のネットワークに加入している病院で、専属のお医者さんが決まりました。
そこで触診したときに筋腫が大きいと言われ、超音波をとると5センチくらいの筋腫が3つあることが判明しました。

超音波を取る時の技師さんは男性だったのですが、女性の看護女子さんが同室してくれました。
これは規則になっているそうで、ちょっと日本とは違います。
なぜか技師さんとは日本食の美味しいレストランの話で盛り上がりました。

その後、婦人科のお医者さんを紹介され、そこに行くことに。
ここでももう一度超音波を使って筋腫を確認しました。

閉経というのは、自分の母親の閉経の時期に近くなるそうです。
母に以前に聞いていた話だとだいたい55歳ころだったらしいのでそう伝えると、まだ7年以上あるから、筋腫が大きくなるし、不快感は増えると言われました。
子宮筋腫の治療には3種類の手術があると説明を受けました。
子宮を全部摘出する、筋腫を一部とる、子宮動脈塞栓術(UAE)の3つです。

手術の細かいことがわからなかったけど、詳細をプリントしてくれたので、帰宅後それを読みました。

UAEの説明を受けて、手術を決める

婦人科の先生に、子宮動脈塞栓術(UAE)を受けたいのだったら、専門の先生のところにいくようにといわれました。
そこで、UAEの話を聞きに行きました。こちらは男性のお医者さんでした。
先生によると、手術はそれほど難しくないし、傷も小さいので短期間の入院で退院できるとのことでした。
でも、そんなに症状が重くないなら、手術しなくてもいいと思うよ。と何度か言われました。

自分の態度が曖昧だったからでしょうか。
あんまり切羽詰まったように見えなかったんだと思います。

一年中不快感は続くけど、我慢できないほどの痛みでもないし、どうしたら良いのか迷いましたが、腰痛がひどくなってきたのと、これから7年もこの不快感を我慢できないと思ったので手術を受けることに決めました。