旧ブログ

無料で学べて就職にもつながるCode Oregonがすばらしい。

信号待ちで横に停まっていたバスの車体に「Code Oregon」という広告がありました。
気になって調べてみたところ、無料でITの技術が学べて求職活動ができますよ。というものでした。

オレゴン州では、スキルアップや仕事のマッチングなどを手がけているWorksystemsとIT技術のオンライン学習プラットフォームのTreehouseと共同でこの事業を行っています。

$25/月かかるTreehouseの授業が無料で受けられて、その成績によって仕事にエントリーできるようです。

Treehouseの授業については教育×ITを勉強してみるブログさんの「プログラミング学習サービスのTreehouseがすごすぎる」という記事に詳しく掲載されていましたのでこちらをどうぞ。

オレゴン州では2020年までに1万件ほどの新しい仕事が産まれると予想していて、圧倒的に足りない技術者を今から養成して雇用を増やしたいということのようです。

仕事が無い地方の都市でも、こういう仕組みで仕事を創っていくことはできそうですよね。

雇用保険の教育訓練給付金っていうのもあるけれど、仕事のレベルになるまで学習するのには金額的に足りないのが現実です。
そもそも、新卒の人とかアルバイトの人とかは教育訓練給付金が受けられないので、少し足りない部分を道府県レベルで負担してくれたら、こういうことってできそうな感じなのですが…。どうなんでしょう?

北海道は食べ物もおいしいし夏は過ごしやすいし、暮らすのには本当にいいところです。
仕事が無いから人がいなくなる訳で…。

遠くにいても仕事ができるのだから、地方こそこういう仕組みを実践して仕事を創れるのではないかな〜と思います。