旧ブログ

マネーグラム+SBIレミットでアメリカ⇒日本の小額資金の送金

ーーこの記事は2015年に作成したものです。送金方法などが変わっている可能性があるのでご注意ください。ーー

どうしても小額の現金を自分の口座に送金しなくてはならなくて、マネーグラム+SBIレミットでの送金を試しました。

でも、マネーグラムのコールセンターの人がSBIレミットでの受取についてよく分かっていないようだったので、備忘録的に流れを記録しておきたいと思います。

アメリカから日本に資金を送る時、銀行からだと送金手数料+為替マージンなどで結構手数料がかかります。小額の資金を送る場合だと手数料はバカになりません。そこで送金サービスを利用しました。

手数料を節約して海外送金する方法さんのページを参考にして、出国前にSBIレミットの口座を作りました。

(SBIレミットの口座を作る場合、日本の住所に書類が送られてきます。海外滞在中に口座を作ろうと思ってもできないので、出国前に手続きが必要です。お気をつけ下さい。)

手続きとしては、

①マネーグラムで自分宛にお金を送る

②SBIレミットのサイトにログインする

③レシートに記載されている番号を入力して内容を確認する

これだけです。

1営業日であらかじめ登録していた口座に振り込まれます。

 

初めてで不安だったこともあって、SBIレミットのコールセンターに電話して確認した所、日本時間の15時までの手続きであれば翌々日の振込になるそうです。(ただし祝日など日本のカレンダーに従います)

 

今回つまづいたのは、マネーグラムでの手続きでした。

送金はとても早くて簡単だったのですが、少しつまづいた所があるので書いておこうと思います。

マネーグラムのページでポートランド市内の取り扱い所を探すと、たくさんの店が出てきます。

そのほとんどがセブンイレブンだったので、これは便利だな〜と日本では思っていました。

でも、実際にセブンイレブンにあったATMからは日本への送金ができないとのこと。そこでマネーグラムの取り扱いのある店舗に行く事に。何店舗か店を紹介してもらって近くにあった携帯電話などを販売しているお店に行きました。

そこでは、マネーグラムの申込用紙に必要事項を記入して入金するのですが、送金する人と受け取る人が同じというケースを扱った事がなかったらしく、「あなたが現地にいないのに大丈夫ですか?」ということになりました。

全部ネットで完結するから大丈夫だと思うけれど…。

お店の人に言われるととても不安に。

そこでマネーグラムに電話して確認してもらったのですが、SBIレミットでどのようになるのか良くわかっていなくてたらい回しに…。
どうにも埒が明かないので、とにかく実行してもらいました。

結局は問題なく送金できたのですが、少しドキドキしました。

SBIレミットで受け取る時は、マネーグラムから発行される番号と受取人の名前が一致している必要があります。
この時にスペルミスなどがあると受け取る事ができなくなるので、記入間違いと、担当者の入力間違いがないかしっかり確認した方がよさそうです。

手数料はというと、600ドルの送金でマネーグラムの手数料が16ドル。
私はSBIネット銀行に口座があるので、SBIレミットからの入金の手数料は51円となりました。

銀行からの送金だと1件あたり5000円程度の手数料がかかって、さらに入金されるまで何日かかるか良くわからないという事を考えると小額資金の送金には使える仕組みだと思います。